チャコ的喜愛

チャゲ&飛鳥 / F4 / 阪神タイガース などチャコの好きなものについてひとり言
ただいまF4に落ちてます

でも、何故だか 【呉 建豪】 発 → 【言 承旭】 経由 → 【朱 孝天】 行き 
の記録と化しています

お気に入りケンちゃん’s




ネット通販開始いたしました!
オンラインショップへはこちらからどうぞ・・・
[Hand Made SANO] FC2ショッピングカート


イベント情報!

4月18日(水)➤24日(火)
近鉄百貨店 和歌山店 5階 和洋食器売り場 イベントスペース(下記フロアマップの場所)にて手づくり作品展を開催いたします


近鉄百貨店和歌山店

和歌山近鉄フロアマップ(20180418)


綿・麻素材の手描き帽子やサンバイザーなどの夏物新作も登場!

手描きのバッグや帽子、アクセサリーなど母の日のプレゼントに最適な商品も多数ご用意いたしております


◆手づくり体験講習も同時開催◆

天然石で世界で一つだけのオリジナルネックレスを作ろう♪【レッスン料無料!1日体験講習】

「お好みの天然石(10mm玉)やパーツを選んでオリジナルのネックレスを作ってみませんか」

作品が出来上がるまでサポートいたしますので、初めての方も安心してご参加ください。

 午前11時・午後2時 各日2回 定員5名

材料費:天然石の数やパーツによって異なります。

お持ちいただくものは特にございません、手ぶらでお越しください。


当日受付も可能ですが、予約優先とさせていただきますのでご希望の方はご連絡ください。


パーツの組み合わせは自由ですので皆さんのお好みでお作りください。

写真は一例です。

左(赤メノウ):4,180円+税
中(アメジスト):6,540円+税
右(アベンチュリン):1,000円+税

講習02
講習01
講習03


こんな素敵なネックレスも自分で作ればお手頃な価格で手に入ります。

お友達同士でのご参加、お一人様でのご参加も大歓迎です。





writer : チャコ | お仕事 | comments(0) | - |


当サイトはリンクフリーです。リンクの際にはご一報いただけると嬉しいです。
リンク先は《 http : //onyourmark .t blog . jp/ 》でお願いいたします


阪神タイガースヒッティングマーチ

少し気を抜いていたらホーム開幕戦のチケットとれなかった・・・・Σ(゚д゚lll)ガーン


ようやく取れたドーム3戦目

それまでにHM覚えなきゃね
今年は6人も増えてるし

コールも微調整されてるし


個人的には大山のHMが歌いやすくて好き










writer : チャコ | 阪神タイガース | comments(0) | - |


当サイトはリンクフリーです。リンクの際にはご一報いただけると嬉しいです。
リンク先は《 http : //onyourmark .t blog . jp/ 》でお願いいたします


ソウル旅行記 その7 6日目帰国日

本日とうとう帰国日となりました
6日間って長いようで過ぎてしまえばアッと言う間でした
朝10時 チャックアウト インターナショナルタクシーで空港へと向かいます

ドライバーのヨさん、車に荷物を運びながら・・・「こんなに重かったですか?」
「お買い物を沢山したので・・・」と私
ヨさんに「重さ大丈夫ですか?」と心配されました
「64kgまでOKなので大丈夫ですよ。一つは海苔なので軽いんです。(^▽^笑)」

朝の道路はとても混んでいるという話だったのでフライトの2時間30分前到着を目標に余裕をもって4時間前にホテルを出発したのですが、なんだか道がすごく空いているいるんですけど・・・

10:50空港に到着
ここでヨさんとはお別れです
次、来るときは連絡しますね

アシアナのカウンターにてチェックイン
プライオリティレーンのパスを渡されます
(高齢者、妊婦、ハンディキャップなど・・・関空のファストレーンのような物なのでしょうか?)

プライオリティレーンへ

ソウル601

関空のファストレーンは保安検査のみでいわゆる横入り方式だったのですが、仁川のプライオリティレーンは一般とは全く別になっています
保安検査からすぐ(10歩ほどの距離)出国カウンターになっていて本当の意味での優先となっています
その代わり一番端っこなんですけど

出国し毎度おなじみ「有り金(₩50、000ちょっと)全部使ってチョコレートを買おう!作戦」開始
あれこれ計算しお札を使いきりました(残りのコインは機内でユニセフの募金の封筒を貰い入れます)

昼食を摂るためにアシアナのラウンジへ

ソウル602


エスカレーターで2階に上ると受付カウンター
その左右にラウンジが広がっておりました

私が行ったことがあるラウンジの中で一番広いのではないでしょうか

ソウル603-1

通路や座席間の空間がとても広くゆったり過ごせます
パラリンピックの選手、スタッフと思われる方々がいらっしゃいましたが車いすが行違えるほど通路は広かったです

ソウル603



昼食:ライブキッチンで作ってもらったパスタ、白ワインとサラダ

ソウル605


13:40 OZ114 搭乗開始

ウエルカムドリンクはオレンジジュースorミネラルウォーター

帰国便では税関申告書とボールペンのセットを持ってきてくれました


機内食

前菜:ブラックフォレストハムを添えたサラダ


メイン:牛丼(醤油で仕上げ各種野菜、ご飯と一緒に)をチョイス

パン:4種類の中からキャロットパンをチョイス

デザート:ラズベリームースを添えたストロベリーケーキ、コーヒー

飲み物は赤ワインをいただきました

ソウル606



ラウンジで昼食を食べたばかりなのでけっこうお腹いっぱいです

牛丼のご飯とサラダのハム、コーヒーはパスいたしました


食事を終え映画「リメンバー・ミー」の続きを見ます


16:00関空到着 入国、税関を経て無事帰国



久しぶりの親子3人旅
何事も無く無事終えられ楽しい旅行でした


ガイド付き、観光付きのツアーや団体旅行ではできない、ゆったりまったり旅です
旅行社にお任せではない分自分でしなければならない事も沢山あります、そんな旅行をお考えの方の参考に少しでもなれば嬉しく思います
私自身がいろんな方のブログ等を拝見し情報収集し旅の参考にさせていただいております



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

次こそはビーチリゾートへ・・・

友人からダナンの情報を仕入れました

ダナンかなぁ〜


そう言えば、ホテルチェックアウトの際にプレゼントですと渡された金の延べ棒みたいな包み
帰って開けてみたらホテルのロゴ入りボールペンでした(なんだか箱が凄く立派なのですが・・・)

ソウル7607







writer : チャコ | 旅行 | comments(0) | - |


当サイトはリンクフリーです。リンクの際にはご一報いただけると嬉しいです。
リンク先は《 http : //onyourmark .t blog . jp/ 》でお願いいたします


ソウル旅行記 その6 5日目

今日はあまり遠出せずホテルの近くにある「中部市場」 にてお買い物
自宅用とお土産を買いに出かけます

この市場、通称 乾物市場 と呼ばれているそう


お買い物リスト・・・ 明太子、キムチ、ナッツ類、海苔

ホテルの前の道を真っすぐ進むと徒歩10分弱で到着

CIMG1629.jpg


まずはメインの通りを歩きながら値段などのリサーチ

ソウル501


メインの通りよりもその隣の通りや横の通りのほうが安かったですね
(品質などは素人なので正確には解りません、ご自身の目でご確認ください)

メインの通りは日本語がある程度通じる店が多かったです
それ以外の通りは私が行ったお店に関していえば全く通じませんでした
お店の方は韓国、コチラは日本語のやりとりでお買い物ってできるもんです


一番欲しかったのは 生のピーナッツ
我が家では炒って食べるのではなく煮物にピーナッツを使います
日本で買うよりもお安く買うことができ満足!


お土産の不足分はホテル近くのスーパー(スーパーというよりも小さな食料品店)で買い足します

ホテルに一旦戻り荷物を置いて次は母の旅の目的、残り一つを消化しましょう

「雪氷」のアップルマンゴーチーズケーキソルビン
忠武路駅(もちろんシャトルバスで向かいます)に「雪氷」がありました

量が多いので私と母でシェアして食します
父は昼食代わりに ハニーバタートーストとカフェラテ  計₩20,500

ソウル502



これで母の希望をすべて叶えました

部屋に戻り毎度おなじみお昼ねタイム


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

夕食は何度も店の前を通っていて気になっていたお店へ
ホテルの目の前のレストランです
なかなか入らなかったのはガラス越しに見えていた「中文対応」のネオンサイン・・・
中文推しということは日本語メニューが無いのでは?とその点がひっかかっておりましたが写真入りの英語メニューがあり無事注文することができました
チュクミサムギョプサルを2つと注文したところ、3人なら1つで十分とのこと
鍋、焼肉=2人前から注文と思いこんでいたましたがメニューは1鍋がすでに2人前だったみたいです

無料のパンチャン

ソウル503


チュクミサムギョプサル ₩24,000

ソウル504

ソウル505


父お気に入りケランチム ₩5,000

ソウル506

ここのケランチムは野菜入りです


あぁ〜〜〜 生ビールがあるぅ〜  この旅初めての生ビールです ₩3,000×4


初めて食べたチュクミサムギョプサル、これをまた食べに来たいと思うほど美味しかった!




明日の朝チェックアウトして空港へ向かうため実質的には今日でこのソウル旅も終了です

食べ物も口に合い、楽しい旅行となりました
なんと言っても両親ともにケガも病気も無く終えられたことに一安心いたしております

家に帰るまでが遠足、ではありませんがあと1日気を抜かず過ごしたいと思います


ソウル旅行記 その7 6日目帰国日 に続く


writer : チャコ | 旅行 | comments(0) | - |


当サイトはリンクフリーです。リンクの際にはご一報いただけると嬉しいです。
リンク先は《 http : //onyourmark .t blog . jp/ 》でお願いいたします


ソウル旅行記 その5 4日目

4日目は午後から市内観光の日
インターナショナルタクシーの3時間コース(₩75,000)を利用します
ドライバーもヨさんにお願いしました


出発までにホテルから徒歩5分手打ち麺のお店「オモリチゲ」で昼食を済ませておきます 

ソウル401

浅漬けのキムチ、沢庵、おこげスープはセルフサービスなのでカウンターから取ってきましょう

ソウル402

あさりのスジェビ(すいとん)  ₩7,000  器の中に入っているのはスプーンではなくお玉・・・

ソウル403

ジャージャー麺(小)  ₩5,500

ソウル404

野菜入りの肉まん ₩6,000

ソウル405

スンドゥブ  ₩7,000 (写真撮り忘れぇ〜)


3人でこの量は注文し過ぎました
スジェビと肉まんが想定外に大きいっ!
スジェビは2人でシェアして丁度いいくらい・・・
肉まんが・・・ 関西人に分かりやすく言うと蓬莱の豚まんの大きさで餡の量が2倍入っています
このくらいの注文量だと4〜5人分でしょうか

辛いものが続いた胃にはスジェビで一息、アサリのあっさりスープがやさしいお味です



13:00 ホテル出発

行きたいところをヨさんに告げコースを組んでもらいます

5分もほどで「景福宮」に到着  

日曜日なので人、ひと、ヒト・・・

ソウル406

子供や若者を中心に見学者の2割くらいは韓服レンタルをして歩いています
そこらじゅうで撮影会&その場に座り込んでスマホをいじっている
インスタ映えってやつですか?(私はインスタやってません)



入場チケット(₩3,000×3)を購入し中に入ります

ソウル407

中に入ってみるとすごく広い(王宮だからネ)
韓国時代劇ファンの母は「ここTVに出てくるところ」と喜んでおりました

ソウル407-1

時間に限りがあるので駆け足で回ります
すべてを回るには2時間は欲しいところですね


14:00 次の目的地「北村韓屋村」へ  

このエリアは景観保存のため建て替え等の基準が厳しく住民からは不満の声も出ているそうですが、観光客の立場からすると昔の韓国の町並みが残されていてとても有り難いです

ソウル408

ソウル409


街歩きの途中、古民家を利用した素敵なカフェがあったので休憩をすることに
中庭を通り居間へ、中には数組の先客の姿が・・・そのすべてが日本人でした(私が良いと思うところ=日本人好み)(^▽^笑)

ソウル410

ドリンクはすべて₩5,000の均一料金です  カフェラテとホットチョコレート

ソウル411



14:50  最終目的地「Nソウルタワー」へ 

タクシーはケーブルカーの乗り場まで(ケーブルカー往復₩8,500×3)

ソウル412

日曜だからなのかいつもこの状態なのかケーブルカーが混んでいて1台目には乗れず2台目を待つことに

南山頂上に到着どど〜んとソウルタワー

ソウル413


広場では「南山烽燧台伝統文化公演」がおこなわれていました

ソウル414

ソウル415



これにも母は「ドラマで王宮の広場で兵士がこんなふうに訓練してた・・・」と喜んでおりました

時間が迫っていたためここも駆け足で観光
父はもっとゆうくりソウルタワーを観光したかったと申しておりました
(ヨさん、次の予定が入っていて時間延長が出来なかったのです)


ソウル市内観光、ゆっくり見て回るためには3時間コースでは難しいです
次回はちゃんと考えます(反省・・・)


16:05  ホテル到着



景福宮、北村、ソウルタワーを観光するとかなり歩きまわることになります
タクシーを利用するとしても足腰に自信の無い方や年配者、お子様連れはご考慮を


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


日曜日はホテル周辺のレストランや食堂も休業しているところが多いです
開いているお店を探してブラブラ

キンパの写真を見てそのお店に入ることにします

日本語は通じませんが写真入りの日本語メニューがありました

ここに念願のカルチジョリムがありました
注文すると「辛いけど大丈夫?」と聞かれましたが
「大丈夫!」・・・・・だと思います
でもこれ本当に辛いっ!辛いものはわりと平気なほうなのですが今回の旅の食事の中で一番辛かった(痛かった)です

ソウル418


無料のパンチャン

ソウル419

海鮮焼きうどん

ソウル417


キンパ盛り合わせ(盛り合わせと書いてありますが、他に野菜入り、ソーセージ入り、たまご入り・・・などのメニューがあり盛り合わせとは全部入りのことだと思います)

ソウル416


ビールを注文しましたが置いていないとのことでした



そしてここでの食事がこの旅で一番お安い食事でした 計₩16,500



本日も何事もなく無事終了


ソウル旅行記 その6 5日目へ続く




writer : チャコ | 旅行 | comments(0) | - |


当サイトはリンクフリーです。リンクの際にはご一報いただけると嬉しいです。
リンク先は《 http : //onyourmark .t blog . jp/ 》でお願いいたします


ソウル旅行記 その4 3日目

本日は母の希望を叶えるため明洞にて韓国コスメと石焼ビビンバの日

今回、母のソウル旅の目的はお化粧品を買うことと石焼ビビンバと「雪氷」のアップルマンゴーチーズケーキソルビンを食べることです



10:45 昨日と同じシャトルバスにて明洞へ向かいます

明洞のバス停はメインストリート(通称、コスメ通り)の入口
お買い物族には非常に便利な場所で停まります

まずは観光・・・「明洞聖堂」へ

明洞聖堂は礼拝の方々のお邪魔をしなければ自由に見学することができます(静かに・・・ペット連れ禁止、飲食禁止など・・・入口に注意事項が書かれています)

静寂の中神聖な気持ちで見学させていただきました

ステンドグラスの美しさとゴシック様式の建築は一見の価値ありです

ソウル301


明洞聖堂までは坂道や階段など少し歩きますのでご高齢の方やお子様連れはご注意ください

聖堂見学を終え少し早めですが昨日の教訓を生かしお昼時を避け昼食を摂ることににします


元祖石焼ビビンバのお店「全州中央会館 明洞本店」

このお店凄く狭い路地の奥にあるそう
地図を見ながら歩くのは得意なほうなのですが、辿り着けるのか少し心配
口コミによると路地の入口に案内の怪しいおじさんが立っているのでそのおじさんを目印に行けば良いらしい
道の真ん中におもいっきり浮いている怪しいおじさんが立っていました
あのおじさんが立っていなければ、確実に見逃して通り過ぎ戻って来なければならなかったでしょう
まるで通路のような路地の突き当りにお店がありました


無料のパンチャン

ソウル302

もやしのスープ

ソウル303


父:野菜と肉のスープ ₩8,000
母:元祖石焼ビビンバ ₩10,000
私:豚肉の石焼ビビンバ ₩10,000

ソウル304


石焼ビビンバ好きの母もご満悦の美味しさでした
父は野菜ばかりで肉が少ないと言っておりましたが・・・(父は肉好きなんです)


昼食を終え次はお買い物です

化粧品にお土産とスーパー巡り

最後の目的地はシャトルバスの乗降場から歩いて5分ほどのところにある「アリラン明洞ホドゥクァジャ」
今回私がお土産に買って帰ろうと決めていた胡桃のお饅頭「ホドゥクァジャ」のお店です

例えるならベビーカステラの中に餡子とクルミ1/2個が入っているお菓子です
常温で10日(冬季は2週間)冷蔵で1カ月とあまり日持ちがしませんがお店の入口で焼いていて、朝焼いたものだけを店頭に並べているのです
お土産にチョコパイもマンネリだし今回はこのホドゥクァジャを買って帰ることにしました
焼きたてを試食させていただきましたがクルミがゴロッと入っていて日本人に親しみがあるお味です

日持ちがしないので今日は下見だけで「帰国日の前日にまた来ます」と伝え帰ろうとすると「いつ帰りますか?」と聞かれ帰国日前日の夜に焼きたてをホテルまで配達してくれるとのこと
だったら持ち歩くのもけっこうな重さになるので配達をお願いすることにしました
「私からのサービスです」とおまけも1箱つけてくださいました

これでお土産のお菓子はクリア


13:05 シャトルバスでホテルへ戻ります

部屋に荷物を置いて一息ついたらホテル周辺の散策


ホテルの1階には(建物の2階から上がホテル)ホテルのカフェのほか銀行やオフィス、コンビニ、小売店など・・・いろいろと入っています

ホテルとは別のチェーン店のカフェがあったのでここでコーヒータイム
アメリカンコーヒー ₩4,000×2 カフェラテ₩4,600

おやつタイムの後は恒例のお昼寝タイム
父はTVで大相撲を観戦しておりました



18:00  シャトルバスで1つ目の停留所「忠武路駅」へ(バスで2分、徒歩でも5分ほど)

地下鉄の忠武路駅周辺にはお店やレストランなど沢山あります


今日の夕食はサムギョプサルと決めていたのでサムギョプサルを求めブラブラ
店は写真看板を見て決めました(ハングルが読めないのでお店の名前が分かりません、忠武路通りにあるお店です)


無料のパンチャン

ソウル305


サムギョプサル2人前(2人前から注文可)
大きい塊1つが2人前 写真は1つの塊をハサミで半分に切って焼いています

ソウル306

ソウル307


ケランチム(父がとても気に入っておりました)

ソウル308

棒牛カルビ1人前

ソウル309


ビール×2  で計₩55,000

両親共に牛カルビよりサムギョプサルのほうがお気に召したようです



夕食を終え本日も無事終了


ソウル旅行記 その5 4日目へ続く



writer : チャコ | 旅行 | comments(0) | - |


当サイトはリンクフリーです。リンクの際にはご一報いただけると嬉しいです。
リンク先は《 http : //onyourmark .t blog . jp/ 》でお願いいたします






SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>